神奈川横浜店 店長北原 一樹

Q.ファイブニーズに入社を決めた理由は?

私は少し特殊で、人事部の小野部長と就職イベントでお話しして、この方と一緒に働きたいと思ったのがきっかけです。

人=「この人みたいな魅力ある人になりたい」「この人のスキルを奪いたい」
仕事=「総合職として自分自身のビジネススキルを磨きたい」

そう考えて、面接を志願しました。

Q.どんな仕事をしていますか?

入社後は総合職として、主に錦糸町本店の営業職(バイヤー)で自分自身のスキルを日々学び、身に着けていきました。

その後、入社3ヶ月で、新店舗である千葉店を週に一度任され、店舗の運営側のスキルを経験させていただきました。

さらに、入社10ヶ月で本店から神奈川横浜店に異動。入社1年で同店の店長を任せていただいております。

現在の主な仕事内容としては、店頭でお客様に接しながら、店長として店舗運営に関わり、未来に向けた計画・構想組み立てといった動きにも注力しております。

Q.入社前後で感じた会社や仕事のギャップは?

ITを駆使しながらも、泥臭い動きと2軸で進んでいると感じました。

IT面で言えば、より正確な処理や業務の質・利益向上を生むシステム導入や、全国にある支店とオンラインで行うコミュニケーションなど。
泥臭い面で言えば、お客様ファーストで最高の満足を与えるために、常に自分が出来ることを行動に移す点など。

この2面でバランスよく回っていく状態には驚きました。

お客様を満足させるために出来ることを、ITを組み合わせて最速で実行する。
このスピード感は、ファイブニーズで現在も学んでいることの1つです。

Q.ファイブニーズの魅力は?

【人】【スピード】【裁量】です。

人:
困った時は皆一緒に考えてくれます。
ただ優しいのが正解ではなく、その人の成長のために何が出来るかを一番に考えてくれます。

また、「上司」のイメージが、ファイブニーズに入社して180度変わりました。
ファイブニーズの上司は決まってスキルが高く、人としても魅力的です。
これは、他の会社ではなかなか味わえないことかもしれないです。

スピード:
常に速いです。思考が追い付かないほど速いです。
考えて実行するまでのスピードを上げるために、自分自身を成長させる必要があります。

裁量:
「主体性」に尽きます。
目の前にあるチャンス、ヒントを拾うのは自分自身です。

Q.夢や目標は何ですか?

日本の中小企業の「業務の活性化」「人の活性化」「意識改革」に関わること。
自分がきっかけになり、企業→日本が活性化されることを目標にしています。

そのために、
・自分自身の人としての魅力と器
・ビジネスマンとしてのスキル
・経営者としてのスキル
を常に高められるよう努めています。

求職者へのメッセージ

一人一人の考え方、求めているものは異なります。
ただ、その想いをずっと内に秘めたまま毎日を過ごしていると、一日一日があっという間に過ぎていってしまいます。

私もその一人で、自分の中に目標はあっても、3年間不安を抱え込み、それを誰にも語らず内に秘めていました。
でも、ファイブニーズの方々と話した結果、1週間で入社を決めました。

今になって思うことは、「3年間がもったいなかった」ということです。

まずは一度話を聞く、話を聞いてほしいと思っていただきたいです。
そして、私たちを通して、皆さんが変化するきっかけを見つけてほしいと思っています。

変化するのではなく、「きっかけを見つけるために行動すること」を私は提案いたします!

エントリーはこちら